徹底検証カラコン14.8mmとか15mmの違和感の程

人の悩みはだいたい対人関係であることが多いですよね。
もし人の目を気にしなくなったら、悩みってほとんどなくなりそうな気がしますが、現実はそうもいきません。
程度の差があるにせよ、気にするからそれを糧にがんばれる、ストレスもある程度あったほうが成長できるなんていいますからね。
さてここから本題ですが、目が小さいという悩みを解決と言えるかは別にして、自信を持たせてくれるのがカラコンだと思います。
今日はそのサイズについて考えて行きますが、その前にもう一つ、この季節だからこその悩みについて。

そして自分の肌はというとシミやくすみが明らかに目立ってきています。これは老化だと割り切れば楽でしょうけど、ついつい同年代の人と比べてしまうんです。悲しいかな。
海のブレアが欲しいなって思ったのもそこにあるのですが、当然化粧品なので効果は薬品とは違うんでしょうけど、保湿クリームなんかを使えば少しでも改善されるかなと思ってるわけです。
肌のくすみと保湿と海のブレア
我慢できないほどの痒みが出たこともありますし、そうでないタイミングがあります。あれこれ考えてる暇があったら食事もどうにかしないとけないと思うんですが、それも全然できてません。

季節的にですが、お肌がすごく乾燥してます。部分的にカサカサしてるので、何とかしたいところです。
シミとかニキビとかでも乾燥肌って良くないみたいですね。これは自分調べなのであってるかは分かりませんが、結局肌が乾燥してると、ターンオーバーが乱れることになり、それでメラニン色素をうまく外に出せなくなるということなのかなと思っています。
確かに化粧ノリも悪くなるし、何もいいことないんですね。
体全体の保湿なら、前にも書いたけどみんなの肌潤糖とかもいいんですが、顔だけのことを考えると海のブレアもやっぱり人気ですね。さすが口コミでよくみかけるだけあってよいのかなと思います。
私が何か化粧品を探すときは、口コミの中身もそうだけど、どれくらい書き込まれてるかってのは前提としてあります。
口コミ件数が5件とかしかないくて、全部がいい意見でもあまり参考になりません。
それより数百件とかの書き込みがあって、多くの人が良い意見で、悪い意見もあるくらいのほうが参考になります。
まあ自分の肌で使ってからですけどね、評価するのは。

評価の話がでたのでカラコンのことについて始めますが、問題はその大きさが、期待にこたえてくれているか。
その期待というのは、見た目の評価をあげてくれているかということです。
14.0mmくらいの小さいのだと、誰も気づかないこともあるでしょう。では15mmとかになると、さすがにデカすぎるのではないだろうかと思われることもあるでしょう。
私は14.8mmあたりも好んで着けるのですが、決定的な違いはフチとデザインになるのかもしれません。エレガントでカラコン14.8mm&15mmほどにもなると、ヘアスタイルとメイク次第ではとんでもない違和感をかもし出すことになるだろう。

カラコンで14.8mmにするも15mmにするもい憧れメイクに嵌る年齢

ヘアアレもメイクもハーフ系が好きな私は、どうにも型に嵌らないようにしようと必死な感じも受けてる。
人気急上昇なカラコンといえば、あくまで私の中でのことですが、14.8mmくらいのになってくるかな。
これはある意味の依存症なんだろうと思うけど、自分の黒目がこのサイズだと錯覚しているのか分からないけど、過剰に反応するようになってしまったのかもしれません。確かに15mmもいいけど、微妙なラインだな。
キャンメのグロスがお気に入りだけど、そろそろ違うのにするのもいありかな。
カラコン14.8mmと15mmのレンズ
“徹底検証カラコン14.8mmとか15mmの違和感の程” の続きを読む