韓国カラコン通販の1年と1dayの15mmに限定したお話

韓国カラコンといえば1年使用ですが1dayもありますよ。
怖いとか危険という口コミもありますが、使い方による部分も多いでしょうし、日本で販売されているカラコンも韓国製は多いです。

ネットの情報を駆使すれば、いろんな声、口コミを見ることが出来ます。
それでは「韓国カラコンが危険か安全か」について調べてみると、「危ない・怖い」といった声も見られます。
これはどのカラコンを指してるのか分かりませんが、虫や蟻が入ってたという輸入カラコンについて書かれているブログだっと思いますが、も見たことがあります。

私なりの結論を書いておきますと、もし2択で答えるなら「危険」となるでしょう。
ただ、他の方が書いているような国内で承認されていないから危険という理由ではありません。
もちろんそれも不安に感じる人はいるでしょうけど、日本で販売されているカラコンと、個人輸入代行サイトで販売されているカラコンで、同じ製造工場で作っているものもあります。
つまり、日本で承認を取得していないというだけで、実は同じところで作ってるものもあるということです。

ただ、リスクはどうしてもあります。個人輸入代行サイトを利用するわけですから、問い合わせなどの対応も不安な点は残るかもしれません。
やはり、どう判断するかは個人の自由ですから、危険だと思うなら買わない、大丈夫だと思うなら買う、それしかないでしょうね。
韓国カラコンが危険か安全かどう判断するかは意見が分かれるところでしょうけど、いずれにしても、リスクが伴うことは間違いありませんので、いかにお手入れするか、定期的に眼科に行くか、そこまで考えて着けたいところです。
専らではありますが、私が好きなカラコン15mmというのは、さらに自己責任とはいえ慎重に考える必要があると思われます。誰かが言ってたとか、そういう噂や風潮には惑わされずに、あくまで自分できちんと確証、自信を持っていなければ、それが不安となり、周囲にあわせることによっても、悪影響が出てしまう可能性があることを肝に銘じておきたいと思います。